当院の強み

リウマチ専門スタッフのライセンス

ケアナースについて

リウマチケア看護師制度とは平成22年にリウマチ性疾患のケアに関する優れた看護師の育成を目的に日本リウマチ財団によって創設れた資格です。

 

当院にはリウマチ看護師が5名在籍しています。

 

疾患やお薬(免疫抑制剤や生物学的製剤など)についての知識の提供、感染予防や感染症に罹患した時のアドバイスをさせていただいております。

 

皆様のニーズに寄り添い、あなただけの治療プランを一緒に考えさせてください。

登録ソノグラファーについて

登録ソノグラファーとは、登録ソノグラファーとはリウマチ性疾患診療に有益な関節超音波検査に関する十分な学識と経験を有する医師・検査技師・看護師が登録されます。

当院では3名認定を受けております。

年間2500件を超える検査実績があり、学会発表、関節超音波検査の育成に伴う講師なども行っております。リウマチ性疾患では早期診断、早期治療を行うにあたり、軽度な炎症を見逃さず早期治療介入することで治療成果が上がるとされています。そのほか、鑑別診断や薬物療法の治療効果判定にも有用な検査です。そのため超音波検査が必要とされています。

リウマチ性疾患でお困りの患者様や、リウマチではないかと心配されている患者様には是非受けて頂きたいと思います。人体の影響もなく30分くらいで終わる検査ですので、お気軽にご相談ください。

骨粗鬆症マネージャーについて

骨粗鬆症マネージャー制度とは地域で骨折やフレイル予防に取り組み、健康寿命を延ばす役割を担うことを目的とした資格です。

個人ではなく地域での取り組みであるため資格は医師、看護師、薬剤師、理学療法士、放射線技師誰でも取得・活動することが出来ます。
当院で連携施設と協力して西埼玉OLS(骨粗鬆症リエゾンサービス)の会を立ち上げ、西埼玉全体の骨折予防に取り組んでいます。
骨粗鬆症マネージャーが対象としている方は高齢者に限らず、骨折を起こしやすい疾患の方や、治療の過程で骨折するリスクが高い方を対象としています。
関節リウマチ患者の骨粗しょう症についてはこちら