スタッフ紹介

各医師紹介

外勤医10人体制

クリニックにいらしていただける患者さんが増えるにつれ、院長1人の外来枠では対応することが難しくなりました。

地域でのリウマチ膠原病治療担う医療機関としての使命を果たすことを優先する為に、優秀なリウマチ膠原病専門医に参画していただく体制にいたしました。

顧問 天野 宏一 先生

埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科教授

  • 日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本感染症学会専門医・指導医
  • Infection Control Doctor

師長おすすめポイント

いつも取り乱すことなく冷静で紳士的、怒った顔など見たことない。
温厚で声を荒げることもない。
日本酒好きの神様です。
先生のご自宅から近いらしくお散歩コース上にクリニックがあるらしい、ラッキー
散歩ついでに時々寄ってください、というお誘いから毎月のカルテコンサルトの依頼へ
治療に難渋している患者様の相談から、診断に迷った時の相談、合併症増悪時の受け入れや精査などで密に連携して頂いています。
日曜日の数時間ではありますが、私達には大変有益な時間です。
教授のラフでおしゃれな普段着姿も見れます。

 

 

梶山 浩 先生

  • 埼玉医科大学 リウマチ膠原病科講師
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医

師長おすすめポイント

埼玉医科大学リウマチ・膠原病科で働くリウマチ専門医と腎臓専門医を兼ねる先生です。大学時代にサッカーの選手だった先生は今でも時々二人のお子様とボールを蹴ることがあるそうです。バンドを組んでいてドラムを担当していました。

月曜日の午後は大学の診療が終わってから愛車をすっ飛ばして狭山まで来てくれ、終わり次第また大学にすっ飛んで帰られます。
隔週の日曜日診療も先生にお願いしているため、仕事で平日来院できない患者様達を支えていただいています。腎臓が悪くてリウマチの治療選択に困った時の頼みの綱でもあります。

 

 

永渕 泰雄 先生

  • 東京大学医学部付属病院 アレルギー・リウマチ内科 免疫疾患機能ゲノム学講座 特任助教
  • 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医

師長おすすめポイント

東京大学病院でリウマチ膠原病の研究、診療をされています。
大学とクリニックの橋渡し的な役割や、これからのリウマチ医療が益々患者様のお役に立てるための協同研究にも力を入れてくださいます。

医療への強い思いと若い行動力に刺激を受けつつ、強固な絆で繋がれていくことを望みます。はにかんで笑うキュートでスマートな先生です。

 

 

林 絵利 先生

  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院 膠原病・リウマチ内科助教
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医

師長おすすめポイント

順天堂大学病院にてリウマチ・膠原病を広く診療されています。
若くて一見クールに見える先生ですが、本当はブラック珈琲や甘くないお酒も呑めない少女のような先生です。

男性の患者様がでれでれと鼻の下を伸ばし診察室での滞在時間が延びるのはやむを得ません。

 

 

陶山 恭博 先生

  • JR東京総合病院 リウマチ・膠原病科医長
  • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医・評議員
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医

師長おすすめポイント

JR東京病院で働く陶山先生は最近二人目のお子様が生まれたばかりの若いパパ、そしてリウマチ専門医です。先生は少しの食事で沢山働くので奥様からプリウス君と呼ばれているそうです。

患者さんの悩み相談でも小さな事は全く気にせず「大丈夫、大丈夫」が口癖ですが、患者さんの大丈夫ではない状態を見つけたときは豹変し、その対応は超スピーディです。著書や論文も多く学びに貪欲な先生です。火曜日の夜診をお願いしていますのでお仕事で早く来院出来ない患者様の救世主です。

 

 

倉沢 隆彦 先生

  • 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科講師
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医

師長おすすめポイント

一番古株の倉沢先生は埼玉医大総合医療センターのリウマチ膠原病内科の先生です。非常勤の先生が少なかった時代から当院で外来診療を支えていただいています。

「先生と合わない‥」「もっと優しい先生がいい‥」「話をよく聞いてくれる先生がいい‥」「怒らない先生がいい‥」そんな時に頼れる先生です。
医師とのコミュニケーションが苦手な患者様を一手に引き受けてくれる縁の下の力持ち的な先生です。
合併症が多くてクリニックでは対応できない患者様の受け入れもお願いしています。

 

 

山田 紗依子 先生

  • 東京大学医学部附属病院 アレルギー・リウマチ内科
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
  • 日本内科学会認定内科医

師長おすすめポイント

東京大学病院でリウマチ膠原病を研究されています。ラブリーガールを絵に描いたような先生で、患者様だけではなくクリニックスタッフの男性陣もメロメロです。

暴れ馬の手綱をしっかり操って安全なところへ導いてくれるような先生です。ホンワカしていますが芯は強く、筋を通すタイプです。

 

 

田中 良明 先生

  • 複十字病院 呼吸器センター(呼吸器内科)副センター長
  • 呼吸器センター呼吸器内科長
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
  • 日本呼吸器学会 専門医 ・指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本結核・非結核性抗酸菌症学会 結核・抗酸菌症指導医呼吸器専門医
  • 日本アレルギー学会 専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医

師長おすすめポイント

複十字病院の呼吸器内科から来ていただいています。リウマチ・膠原病は肺合併症を起しやすいだけではなく、治療によって肺にダメージを与えてしまうことがあります。

常に肺合併症と闘いながら治療をする必要がある疾患において呼吸器専門医とリウマチ専門医を兼ねた田中先生との連携は患者様を守るための礎です。いざという時はご自身の病院に患者様を連れて行って精査入院対応もかなえてくださいます。
真面目でお酒を飲むと真っ赤になるチャーミングな先生です。

 

 

山田 哲也 先生

  • 埼玉石心会病院 整形外科部長
  • 東京医科歯科大学医学部臨床准教授整形外科専門医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本手外科学会専門医

師長おすすめポイント

近隣の埼玉石心会病院整形外科部長の先生です。
モデル雑誌から飛び出してきたような超イケメンです。ファッションセンスも抜群で、白いパンツをすっきりと着こなし颯爽と風を切って歩いている姿はつい見とれてしまいます。

反面、恐妻家で当院主催のお酒の席には一切参加されません。な、なんと、日曜日は家族の日と決めているようです。

 

 

太田 裕一朗 先生

  • 慶應義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科助教
  • 日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本医師会認定産業医

師長おすすめポイント

慶応義塾大学病院にてリウマチ・膠原病を広く診療されています。スピード感のある診療の中でも慎重さと正確さを兼ね備え、パワフルで若さが漲っています。

真面目で堅実な反面、一緒に楽しく呑める優しい笑顔の先生です。頭からアンテナがたくさん出ているので、膠原病患者様のレスキューにもご貢献頂いています。

 

 

久我 芳昭先生

日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医 ・評議員
日本リウマチ学会指導医
日本リウマチ学会評議員
日本整形外科専門医

師長おすすめポイント

整形外科医とリウマチ専門医を兼ねています。姿形は50代、実際は㊙。海や山のアクティビティが大好き。診療は丁寧でご自身の体験談や面白い例え話を盛り込んで笑わせてくださいます。

患者様との会話が広がり過ぎて診察時間が延びてしまうのがたまにキズですが…。
さすが年の功、古きことも新しきこともあらゆる情報がたくさん詰まった歩く辞書的な先生です。

 

 

院長

日本リウマチ学会 認定リウマチ専門医・指導医 ・評議員
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本リウマチ財団登録医

師長おすすめポイント

一度会ったら絶対に忘れない、というほど印象が強く残ります。別名「実写版;もいもい」です。全国三大つるぴかリウマチ医の一人である院長は、冬寒く夏暑く帽子が欠かせない頭の持ち主です。

脳内を活性化するために頭皮までは栄養がいかなかったのは仕方ないとして、頭に血が上りやすいこともその一因ではないかと考えています。そうは言っても、リウマチで苦しむ患者様を何とか救いたいという思いや、医師としての使命感の強さはピカイチです。

仕事を離れたら、道端に咲く花を眺めたり小動物をかわいがったりされる、心優しい面や愛情深い面をお持ちであることも知っています。今年還暦を迎え、地域におけるリウマチ診療の発展のために今後は年々老いていく身体に鞭打って頑張って頂きます。