診療方針

当院の治療方針

当院の治療方針

患者さん一人一人、それぞれのライフイベントと生活の役に立てるように

関節リウマチと一言に言っても、症状は多種多様で人様々です。

例えば痛みはあるけれども、生活は普通に送れる人もいれば、激しい痛みに苦しむ方もおられます。
痛む関節・動かせない関節の場所や数、だるさや不自由さ、年齢や性別、生活の背景は、人それぞれです。

しかし、私たちが目指す治療の目標は、一つです。それは、今ある関節リウマチの症状を取り除き、関節リウマチになる前に戻っていただくことです。
もちろんそれが難しい人もいらっしゃいますし、すでに日常の生活が送れないほど変形が進み、不自由な状態でどうしても 関節リウマチになる前には戻らない方もいます。

そうした方を含めて少しでも楽になっていただくために、治療の第1目標は、患者さんにとって辛い痛みを和らげ、取り除くことから始めます。次に将来、軟骨や骨が溶けて、関節が変形してしまわないように、リウマチの関節炎を押さえ込みます。リウマチの方に特化したリハビリテーションも早期から導入することで、硬くなってしまった関節や力が衰えた筋肉など、身体機能の回復に努めています。
歩けない 立ち上がりづらい、お箸が使えない、顔が洗えなくなってしまうなどの機能障害を起こさないようにします。

自分が関節リウマチだったことを忘れてしまうように

飲み薬の抗リウマチ薬・生物学的製剤・ JAK阻害薬など組み合わせることで、自覚症状がなく、私たちの診察・検査でも関節炎が全くない状態にしていきます。

このようにして関節リウマチになる前の状態にお戻りになって普通の生活を送り、自分が関節リウマチだったことを忘れてしまうようになっていくことが私たちの目標であり喜びです。

もちろん、痛みが取れない関節の変形がある、合併症のために治療が思うように進まない、そうした患者さんもいらっしゃいます。ただ、何ができるか少しでも楽になることはないか頭を悩ませ必死に考え、スタッフ全員で心尽くしていくことが我々の治療の根幹です。スタッフが治療の目標として共有するものは、患者さん一人一人、それぞれのライフイベントと生活の役に立てるように力を尽くすことです。