埼玉県狭山市入間川1-3-2 スカイテラス商業施設棟3F

埼玉県狭山市入間川1-3-2
スカイテラス商業施設棟3F

04-2900-1155

04-2900-1155

当院のリウマチ治療について

関節リウマチの治療は今、大きな変貌を遂げようとしています。20世紀から21世紀へのミレニアムに移行した、わずか10年間に変革が始まりました。関節リウマチに対する考え方が深まり、遺伝子工学の進歩、基礎研究の成果が急速に、実を結びつつあります。もはや関節リウマチは手術で直すことを試みる時代ではありません。結核の治療が肺を切除することから、薬で治るまでにかかった200年間の歴史に相当する10年が、リウマチ治療に訪れています。

新しい薬が次々と登場し、治療に対する考え方が変わったことから、より高い治療目標が達成できるようになってきたのです。「一生続く」「怖い病気」というイメージから、よくなる病気、そして風邪のように治ってしまう病気へと、これからの新しい世代で、変わることになるでしょう。私たちは患者さんに接しながらその方にあった治療方法を考え、力になるようつとめています。患者さんのそばにいる私たちが教えられること、気づくことはとても大切なきっかけです。

発病して3ヶ月~2年以内早期の関節リウマチの方は、現在の治療で治癒する可能性が10~20%程度あります。また10年以上前から関節リウマチのために苦しまれている方も、痛みが和らぎ、楽になりますし、関節が壊れてしまうことも止められます。変形の進んでしまった関節でも、少しずつ可動域が改善します。

たとえば、指や肩が動く範囲がわずかに広がりティッシュがつまめる、パンツが上げ下げできるようになります。お手洗いの始末が自分でできたり、寝返りが打てたり、御飯を自助具のスプーンで食べられたり、日々の暮らしが変わります。

関節リウマチの患者さんは、ひとりひとりの苦しみや、家族、生活が違います。痛い場所、できなくなってしまったこと、元気、皆さん違います。そうした、皆さんに寄り添いながら支えていくこと、守ることが、私たちの仕事、治療だと思っております。

関節リウマチ患者さんの幸せに私たちが役に立てれば、それは私たちの幸せです。治療は最先端のものから日常の生活の支えまで。実感のあるものが関節リウマチの方にとっていい治療であろうと考えています。

専門医による診療

関節リウマチ・膠原病かもしれないといわれたとき、体が痛くて熱も出る、だるくて仕方がない、子供のこと、毎日の生活、「なんでこんなに苦しいのか」そんな時に私たちリウマチ・膠原病専門医が役に立てる時もあります。まず、正しい診断をすることが大切です。このためには病気についての知識と経験、そして患者さんとのコミュニケーションに基づいた判断が必要です。これはリウマチ・膠原病を専門としている医師でなければできません。

リウマチと診断された時には

もう治らないのか、この痛みや不自由さはずっと続くのかと思われるかもしれませんが、私たちは痛みもなく、リウマチであったことすら忘れるように治療してきた実績があります。人によっては3カ月、人によっては3年かかる場合もあります。その時にはご自分がリウマチであったこと、痛くてつらかったことを忘れて薬を飲み忘れたり、生物学的製剤をうち忘れたり、患者さんによってはリウマチが治ったと思ってクリニックから足が遠のいてしまう方もいらっしゃいます。こうした状態はヨーロッパ、アメリカ、日本が目標にしている完全寛解といわれる状態です。

豊富なリウマチ治療実績

開業から5年たち、おかげさまで患者様の来院数は 3000名を超えました。リウマチの患者様が8割を超えております。慢性疾患というこの病気の特徴上開院以来の患者様も多数いらっしゃる中で、大変苦しい痛みを抱えて初来院された方がゴルフや手芸を楽しめるようになり、痛みや自覚症状がなくリウマチの進行もない状態(これを寛解といいます)に至る方も多くいらっしゃいます。妊娠、出産され、子育て中の方もいらっしゃいます。そのような患者さんたちと喜びを分かち合えることが私たちの幸福なのです。

リウマチ治療の最新情報

2009年7月より、レミケードの使用量が増量されました。3mg/kgより10mg/kgと、欧米と同じ投与量になり、投与間隔も効果減弱例については4週間までの短縮が認められました。

2015年現在、生物学的製剤は7種類あり、投与方法も点滴・皮下注射などがあります。治療の選択肢が広がっています。また2014年にはJAK阻害薬も認可され、主に生物学的製剤が有効でなかった患者様に効果のある治療法となっています。今までのリウマチ内服薬も2-3種類を併用したり、飲み方を工夫することで高い治療効果が発揮されることがわかってきました。当クリニックでは開院以来そうした治療方法を取り入れています。

この数年毎年のようにアメリカ・欧州 日本のリウマチ治療ガイドラインが更新・策定されています。 関節リウマチの診断基準から治療方針もこれに伴って変化しています。当クリニックもそうした指針に従って、患者さん個別に最適な治療を提供していきます。

ページトップ
医療法人リウマチ謙恵会 あずまリウマチ・内科クリニック

埼玉県狭山市入間川1-3-2 スカイテラス商業施設棟3F

埼玉県狭山市入間川1-3-2
スカイテラス商業施設棟3F

お問い合わせ. 04-2900-1155

04-2900-1155

診療時間
8:30~12:00
14:00~17:30
  • ※予約の方を優先します。事前に電話にてご予約をお願いします。
  • ※休診日…水・祝/日曜午後
  • ※△…隔週日曜の9:00~12:30
  • ※●…火曜は19:30まで
マップ